僕がはじめて買うことができたパーソナルコンピュータがIBM JXだった。
あれは、確かJX発売の翌年、1985年の夏だったと記憶している。
IBM PC Jrの日本版のこのPCは、日本IBMにとって商業的には大失敗であったが、僕らには電子工作向きで楽しくてしようがなかった。わずか10MB(メガですよ)の純正ハードディスクが34万円もした。
それなら自分で繋いでしまえと、SPCカードを自作してくっつけたのが540MBのハードディスクである。この外付けハードディスクの価格は約10万円と高いが純正の34万円に比べれば安かった。

IBM JXは、僕のPCライフの原点である。

This Page is produced by Makoto Shibata.
Copyright (C) 2001-2016 Makoto Shibata. All rights reserved.
Last update 2016.11.17.


.